読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akr.s

女子大生が感じたこと起こったこと日々常々書いていきます

私の故郷


住友の城下町。

重工業が盛んな町。

あかがねの町。

それが私の育った町。

【なんにもない】

ここで暮らす人たちは
口を揃えていう。

人口12万の町は
昔から人口に大きな変動もない。

みんなが揃って向かう場所は
とある大型?商業施設。

🤔🤔🤔🤔🤔

決まってこの町は
【なんにもない】

私はそんなことないと思うから
そうやって言う人たちが
嫌でしょうがない。

🤔🤔🤔🤔🤔

でもいつの間にか
そうやって言われることが
嫌"だった"
に変わってた。

あんなに嫌悪感あったのに
今では私が【なんにもない】
って言ってる。

そんな自分がほんとに嫌だ。

🤔🤔🤔🤔🤔

大学卒業したら
【地元に帰る】

そう意気込んで
地元出て
違う地で暮らすと
地元は【なんにもない】と嫌でも思ってしまう。

🤔🤔🤔🤔🤔

あの頃は
"地元アピール"を必死にやってた。

私の貴重な青春はすべて
地元のために捧げた。

だから、前の記事に書いたけど
『青春したい!』

それは私の憧れであって
願望。

🤔🤔🤔🤔🤔

どこに行くにも
"地元に帰ってきてね"

みんなが口々にそう言った。

ありがたいことなのに
私はその度に心に重りが
のしかかってるようだった。

地元は好きだけど
好きだからやってることだけど
いつの間にか
"義務感"であるように感じてた。

地元に帰ることは
"絶対"であることのように。。

🤔🤔🤔🤔🤔

【なんにもない】は
語弊になるのかもしれない。

正確には
行く場所、遊ぶ場所
がないんだなー。

だからみんな
都会に憧れるのだろう。

そりゃ都会に比べたら
【なにもない】だろうな。

🤔🤔🤔🤔🤔

いきなりだけど
私の将来の夢は
『起業すること』

だから、いつかは地元に帰る。

地元に帰って
事業を興す。

そして、
"なにもない"から"この町がすき"
に変えてやる!!

自慢できる
"なにか"を作ろう。

地域の人たちの
"ヨリドコロ"になる場所を。

ということで
何があったらいいですか?笑

誰かのアドバイスがほしいなー。

🤔🤔🤔🤔🤔

とりあえず
私は大学卒業後就職する。

地元でないどこかへ。

そして、将来
私の"故郷"へ
帰るからね。