読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

akr.s

女子大生が感じたこと起こったこと日々常々書いていきます

"誰か"が側にいてくれること


最近は何をするにも

1人だなー。笑


ご飯も課題も遊びも…


というか

元々1人行動多めなんだけど。


🤔🤔🤔🤔🤔


中学の頃

友だち関係が

めんどくさかった。


ある子の言いなりになって

精神的にかなりやられてた。


トイレもろくに行けない。


「トイレ行ってくるね」


何故かこの一言が

言えなかった時代。


だから、

離れることができたとき

トイレに気兼ねなく行けたとき

心の底から嬉しかった。


たったトイレ一つに

感動したことを

今でも覚えてる。


🤔🤔🤔🤔🤔


あれから7年。


月日が経つのは早い。


あのことがあったから

中学の時の思い出は

「嫌な過去」として

刻みついた。


けど、

"一生モノ"を手に入れたのも

この頃。


【一生の友だち】


そう思える友だちに

出逢えたのも

中学生の時。


その子とは

大学は違うけど

今でも1番遊んでる。


最悪で最高の中学時代。


ただ嫌な思い出の方が

長くて濃く残ってるだけ。


🤔🤔🤔🤔🤔


この前

中学時代の時の

同級生男子2人に

たまたま会った。


片方にあんまり

いい思い出がなくて

うまく話せんかった。笑


でも、私も相手も大人になった。


「過去は過去」として捉えて、

「今」を楽しまなくちゃ損よね。


🤔🤔🤔🤔🤔


1人は気楽でいい。


ご飯だって

好きなものを

好きなだけ

誰の目も気にせず食べれる。


課題だって

誰とも話さないから

集中して取り組める。


遊びだって

好きな時間に

好きなことを

やりたいことをできる。


🤔🤔🤔🤔🤔


ほーら。


"1人がいい"


"友だちとかいらない"


そう思った中学2年生。


🤔🤔🤔🤔🤔


.友達いないから


.なんでおらんの?


なんでって言われても…

私が聞きたい。


そう思ってたけど

思い出した。


あの時から

人に対して

壁を作るようになった。(かも)


定かではないけど。


無意識のうちに

必要以上に近寄らなくなった。


「あの子と友達になりたい」


そう思うことも

なくなった。


🤔🤔🤔🤔🤔


1人は気楽でいい。


ご飯だって

好きなものを

好きなだけ

誰の目も気にせず食べれる。


課題だって

誰とも話さないから

集中して取り組める。


遊びだって

好きな時間に

好きなことを

やりたいことをできる。




でも…


1人は寂しい。


ご飯は

誰かと笑いながら

食べた方が美味しい。


課題は

分からないところ

聞き合いながら

時に話した方が捗る。


遊びは

楽しいことを共有できる

思い出になる。


1人は

ほんとは

楽しいことなんて

一つもない。


"誰か"といる人が

羨ましくて仕方がない。


🤔🤔🤔🤔🤔


少し前の私は

気兼ねなく

連絡が取れる人がいた。


その人は

ほぼ100%の確率で

連絡したら

一緒にいてくれた。


当たり前なんかじゃない。


誰かが側にいてくれること。


当たり前なんかじゃない。


誰かと笑い合えること。


だから

今ならすごい分かる。